Englishページへ(for english) 所在地・連絡先
ホーム > ニュース

令和三年度情報工学専攻研究賞が授与されました

2022年3月31日

情報工学専攻では、優秀な研究を行った博士前期(修士)課程学生に研究賞を授与しています。令和三年度は次の3名が受賞しました。

・情報工学専攻 最優秀研究賞(阿刀田賞) 修士2年:髙橋唐樹(藤田桂英研)

・情報工学専攻 優秀研究賞 修士1年:小野寺幸仁(中山研)

・情報工学専攻 奨励研究賞 修士1年:小森一輝(藤田桂英研)

おめでとうございます。

*情報工学専攻賞について: 東京農工大学大学院情報工学専攻に在籍中に行われた研究活動の中で、論文発表、国際会議、国内外シンポジウム発表、各種表彰、特許申請等といった顕著なる業績、に対する公平・公正な審査の上、相応する学生を選定し表彰するものです。

ページトップへ

本学科所属研究室の卒業研究の学生が情報処理学会第84回全国大会で大会奨励賞で表彰されました

2022年3月22日

昨年の情報処理学会第83回全国大会で本学科並木研究室の学生藤江君が発表した次の研究が先日の第84回全国大会で表彰されました。

・藤江涼太,水登恵,並木美太郎:エッジAIにおけるマルチAIアクセラレータを用いた推論エンジンの並列化による性能向上,情報処理学会第83回全国大会,発表番号6H-04,2022.3.3表彰日

ページトップへ

本学科並木研の卒業生肥沼君の卒業研究が、優れた研究として山下記念研究賞で表彰されました。

2022年3月22日

国内最大の情報系学会から、優れた研究に送られる山下記念研究賞として
本学科並木研究室の卒業生肥沼君の卒業研究発表が表彰されました。内容は仮想マシンモニタとコンテナ実装手法のシステムソフトウェアの研究です。
肥沼 健,並木美太郎 :Unikernelを用いたコンテナのためのハイパーバイザによる
軽量高セキュアな実行基盤の検討, 情報処理学会第151回
システムソフトウェアとオペレーティング・システム研究会,Vol151,No8,pp.1-8.2021.3.
賞状とメダルです。

ページトップへ

本学科並木研の卒業生の卒業研究が情報処理学会OS研究会の受賞(2021/3/8)が12月のComSys2021シンポジウムで表彰されました.

2021年12月20日

本学科並木研の卒業生の卒業研究が情報処理学会OS研究会の受賞(2021/3/8)が12月のComSys2021シンポジウムで表彰されました。
  【論文情報】
肥沼健,並木美太郎.Unikernelを用いたコンテナのためのハイパーバイザによる軽量高セキュアな実行基盤の検討,情報処理学会
  第151回システムソフトウェアとオペレーティング・システム研究会, Vol.151,No.8,pp.1-6,2021.3.2.
(151回)
http://www.ipsj.or.jp/sig/os/index.php?%BA%C7%CD%A5%BD%A8%BC%E3%BC%EA%C8%AF%C9%BD%BE%DE%A1%A6%CD%A5%BD%A8%BC%E3%BC%EA%C8%AF%C9%BD%BE%DE

ページトップへ

本学科並木研の卒業生の卒業研究が情報処理学会山下記念研究賞を受賞しました.

2021年9月23日

国内最大の情報系学会の優れた情報系研究に送られる山下記念研究賞が
本学科並木研の卒業生肥沼君の卒業研究発表に授賞されます。
・情報処理学会2021年山下記念研究賞
肥沼 健,並木美太郎 :Unikernelを用いたコンテナのためのハイパーバイザによる
軽量高セキュアな実行基盤の検討, 情報処理学会第151回
システムソフトウェアとオペレーティング・システム研究会,Vol151,No8,pp.1-8.2021.3.
https://www.ipsj.or.jp/award/yamashita2021.html

https://www.ipsj.or.jp/award/yamasita2021-detail.html#os

ページトップへ

今後のイベント情報は知能情報システム工学科サイトをご覧下さい

2021年6月4日

東京農工大学 工学部は2019年4月に学科改組が行われました.

今後のイベント情報は知能情報システム工学科サイトをご覧下さい.

ページトップへ

本学科ならびに本学科所属研究室の学生が情報処理学会第83回全国大会優秀賞と奨励賞を受賞しました.

2021年6月4日

3/18〜20に開催された情報処理学会第83回全国大会における発表に授与される大会優秀賞ならびに大会奨励賞を,藤波研究室(BASE)の2名の学生と2020年度後期の学部3年生のシステム製作実験で並木教授担当のテーマに取り組んだ学生が受賞しました.これらの賞は,全発表に対して座長および一般聴講者からの投票を元に,大会優秀賞・大会奨励賞委員会が決定するものです.

・(大会優秀賞)宅野亮,佐藤逸史,新村毅,藤波香織.鶏の快適性向上に向けた動物行動学的分析を支援するための装着型センサによる行動推定,情報処理学会第83回全国大会,発表番号2W-03,2021.06.02(受賞日).
・(大会奨励賞)国方詩織,辻愛里,藤波香織.アンビエントディスプレイの長期利用における行動改善効果維持のための情報提示手法,情報処理学会第83回全国大会,発表番号1W-02,2021.06.02(受賞日).
・(大会奨励賞)藤江涼太,水登恵,並木美太郎:エッジAIにおけるマルチAIアクセラレータを用いた推論エンジンの並列化による性能向上,情報処理学会第83回全国大会,発表番号6H-04,2021.06.02(受賞日).

ページトップへ

大学院受験について

2021年4月20日

情報工学科の大学院受験については、以下をご参照ください。

(1)筆答試験免除
基礎的な学力が十分に足りる判断できる場合は、筆答試験が免除される場合があります。
筆答試験免除の出願期間は6月1日~6月7日までになります。詳しくは募集要項を確認してください。

(2)過去問
筆答試験の過去問は、工学部のページにて公開されております。

なお、事務的な詳細については本学の入試情報をご覧ください。

ページトップへ

3/18〜20にオンラインで開催された情報処理学会第83回全国大会で本学科の学部3年生が学生奨励賞を受賞しました.

2021年3月25日

情報処理学会第83回全国大会において、2020年度後期の学部3年生の製作実験並木教授担当のテーマで,学部3年生の藤江涼太さんが,カメラとIntel NCS2AIアクセラレータを用いた自走車の開発においてアクセラレータを複数用いた性能向上の研究で(研究室の卒論ではありません。3年生の製作実験です),学生奨励賞を受賞しました(2021/3/18).

【論文情報】
藤江涼太,水登恵,並木美太郎:エッジAIにおけるマルチAIアクセラレータを用いた推論エンジンの並列化による性能向上, 情報処理学会第83回全国大会6H-04pp.1-2,,2021.3.18

ページトップへ

3/18〜20にオンラインで開催された情報処理学会第83回全国大会で本学科の研究室に所属する学生が学生奨励賞を受賞しました.

2021年3月25日

3/18〜20にオンラインで開催された情報処理学会第83回全国大会で,藤波研の高橋リサさん(修士2年),青木達志君,国方詩織さん,宅野亮君(以上,修士1年),千葉佑二君(学部4年)が学生奨励賞を受賞しました.

【論文情報】
・高橋リサ,藤波香織.イラストレーションメイキング動画における注目箇所の探索効率化,情報処理学会第83回全国大会予稿集,1-319-320.
・千葉祐二,柴山咲希,辻愛里,藤波香織.装着型プロジェクタを用いた移動中の床上投影の高度安定化,情報処理学会第83回全国大会予稿集,3-343-344
・国方詩織,辻愛里,藤波香織,アンビエントディスプレイの長期利用における行動改善効果維持のための情報提示手法,情報処理学会第83回全国大会予稿集,3-309-310.
・青木達志,辻愛里,藤波香織.VRソフトウェア可視化システムにおける複雑構造探索に効果的なインタラクション手法,情報処理学会第83回全国大会予稿集,4-237-238.
・宅野亮,佐藤逸史,新村毅,藤波香織.鶏の快適性向上に向けた動物行動学的分析を支援するための装着型センサによる行動推定,情報処理学会第83回全国大会予稿集,3-323-324.

ページトップへ

ホーム > ニュース
国立大学法人 東京農工大学 工学部 情報工学科 〒184-8588 東京都小金井市中町2-24-16

関連サイト | 当サイトの利用について | プライバシーポリシー

Copyright c Department of Computer and Information Sciences, Tokyo University of Agriculture and Technology. All Rights Reserved.