Englishページへ(for english) 所在地・連絡先
ホーム > ニュース

教育と計算機の国際会議で 本専攻博士後期課程3年生の並木研の長島和平君が 最優秀発表賞を受賞

2018年11月2日

10/26-28に東工大田町キャンパスで開催された
教育技術と計算機の国際会議
ICETC2018(10th International Conference on Education Technology and Computers)
http://www.icetc.org/2018
において、本専攻博士後期課程3年生の並木研の長島和平君が
Webベースのプログラミング教育環境の研究で
Kazuhei Nagashima, Shinya Cho, Masayuki Horikoshi, Hiroki Manabe,
Susumu Kanemune and Mitaro Namiki:
Design and Development of Bit Arrow: A Web-based Programming Learning Environment
最優秀発表賞を受賞しました。

ページトップへ

北川直哉助教らがメールやモバイルのセキュリティ,マルウェアなどについて対策を検討・実施する国内の業界団体「JPAAWG」を創設

2018年10月30日

本学科の北川直哉助教が株式会社インターネットイニシアティブ,株式会社ブロードバンドセキュリティ,VadeSecure株式会社,株式会社TwoFive,ソフトバンク株式会社とともに,メールやモバイルセキュリティ,マルウェアなどの対策を検討・実施する国内の業界団体「JPAAWG(Japan Anti-Abuse Working Group,ジェイピーアーグ)」を設立しました.

JPAAWGは,メッセージング,マルウェア,モバイルの不正行為対策に取り組んでいる国際的なワーキンググループ「M3AAWG(Messaging, Malware and Mobile Anti-Abuse Working Group)」の日本リージョンとして設立するもので,M3AAWGと連携しながら,より具体的な対策を協議,検討,実施する団体です.

なお,JPAAWG設立にあたり,第1回General Meetingを2018年11月8日に開催(第18回迷惑メール対策カンファレンスと併催)します.

・JPAAWG 1st General Meeting/第18回 迷惑メール対策カンファレンス
https://meetings.jpaawg.org/

・関連記事
https://internet.watch.impress.co.jp/docs/interview/1150160.html

ページトップへ

「国際連携に活躍する工学系人材育成プログラム」の成果報告会を実施しました。

2018年10月24日

「国際連携に活躍する工学系人材育成プログラム」の成果報告会を実施しました。
同プログラムには、情報工学科2年生3名の学生が参加しました。
8月下旬から約1か月間、ベトナムのハノイ科学技術大学において研究室に所属し、
現地学生と共に研究活動を行いました。

ページトップへ

中川正樹教授がインド・ジャバルプル情報工科大で集中講義,国際会議で基調講演

2018年10月16日

本学科の中川正樹教授が外務省の依頼をうけて,インドのジャバルプル情報工科大学(Indian Institute of Information Technology, Jabalpur)で,10月1日から5日まで「手書き認識とユーザインタフェース」と題して,最新の人工知能と深層学習の手書き認識への適用について集中講義をしました.それに先立ち開催された国際会議(CVIP2018)でも基調講演し,現地の新聞でも報道されました.

http://www.iiitdmj.ac.in/CVIP-2018/

ページトップへ

山井成良教授がDICOMO2018シンポジウムで優秀プレゼンテーション賞を受賞

2018年10月1日

山井成良教授が2018年7月4日(水)〜6日(金)に開催された情報処理学会
マルチメディア,分散,協調とモバイルシンポジウム(DICOMO 2018)において
学術・技術の普及に貢献する優秀な発表を行ったことが評価され,「優秀プレゼ
ンテーション賞」を受賞しました.

山井 成良「電子メールの柔軟な処理を可能とするIMAPエージェント」
2018年7月6日受賞

ページトップへ

本学科の修士学生の並木研の濱田君,市川君,山田研の清水君らのチームが国際的なセキュリティコンテストWCTFで優勝

2018年8月5日

本学科の修士学生の
並木研の濱田君、市川君, 山田研の清水君らのチームが国際的な
コンテストWCTFで優勝しました。
コンテスト名: WCTF(We Create The Future) 2018
開催日程: 2018年7月6日〜8日
開催地: 中国 北京
競技概要: 情報セキュリティに関する問題を競技形式で解くコンテストで,世界中から実力が認められた10チームが招待されスキルを競い合った.「TokyoWesterns」として参加し,優勝を果たした.2位はポーランドのチーム,3位は韓国のチームであった.
公式HP: http://ctf.360.com/en/index.html
順位: https://tech.china.com/article/20180708/kejiyuan0531163627.html
参加した学生: 濱田槙亮,市川遼(並木研), 清水祐太郎(山田研)

ページトップへ

本専攻 川田涼平君(藤田桂研究室 修士1年生)が情報処理学会第80回全国大会・大会奨励賞を受賞

2018年6月8日

本専攻 川田涼平君(藤田桂研究室 修士1年生)が,下記の発表で情報処理学会第80回全国大会・大会奨励賞を受賞しました.
本賞は全国大会での優れた発表者に授与されるものです.

川田涼平、藤田桂英、”複数同時交渉のためのHypervolumeに基づく協調度”

http://www.ipsj.or.jp/award/taikaisyorei.html

ページトップへ

キャンパスツアー・キャンパス体験(6/23)

2018年5月23日

工学部キャンパスツアー・キャンパス体験が開催されます。
キャンパスの見学、模擬講義、学生による大学の紹介のほか、事前申込制のキャンパスツアーや女子カフェも企画されています。

日時:平成30年6月23日(土) 10:00~16:30

詳細な情報や申し込みはこちらからお願いします。

ページトップへ

中條研究室の照屋大地くん(D1)が、IPA 2017年度「未踏IT人材発掘・育成事業」において、スーパークリエータに認定

2018年5月14日

情報処理推進機構(IPA)の2017年度「未踏IT人材発掘・育成事業」において、採択された未踏クリエータの中から、中條研究室の照屋大地くん(D1)が、卓越した成果を挙げたと認められ、2017年度の「スーパークリエータ」として認定されました。
プロジェクト名:CPU+FPGAプラットフォームのためのRubyベースの開発環境

「未踏」は、経済産業省所管である独立行政法人情報処理推進機構が主催し実施している、”突出したIT人材の発掘と育成”を目的として、ITを活用して世の中を変えていくような、日本の天才的なクリエータを発掘し育てるための事業です。
 特に卓越した能力を持つと認められたクリエータを「スーパークリエータ」として認定しています。

詳細

ページトップへ

2019年4月新学科スタートのお知らせ

2018年4月25日

2019年4月、東京農工大学工学部は大きく変わります!

現在の8学科が生命工学科、生体医用システム工学科、応用化学科、化学物理工学科、機械システム工学科、知能情報システム工学科の6学科に再編されます。情報工学科は「知能情報システム工学科」として定員を倍増し、情報工学だけではなく電気電子工学など幅広い分野を基礎から学べる新学科として新しいスタートを切ります。
知能情報システム工学科の紹介はこちらからどうぞ。

ページトップへ

ホーム > ニュース
国立大学法人 東京農工大学 工学部 情報工学科 〒184-8588 東京都小金井市中町2-24-16

関連サイト | 当サイトの利用について | プライバシーポリシー

Copyright c Department of Computer and Information Sciences, Tokyo University of Agriculture and Technology. All Rights Reserved.